患者の血圧を測定する医者
  • ホーム
  • 血圧調整はノルバスクと血流アップ体操が効くらしい

血圧調整はノルバスクと血流アップ体操が効くらしい

患者を診ている医者

高血圧症の原因は、加齢や運動不足、塩分過剰の食生活、ストレスなどと言われています。
血圧が上がってもあまり自覚症状を感じませんが、だからといって放置していると、動脈硬化になって、脳血管疾患や心臓病などの重大な疾病を引き起こすリスクが高まります。
症状を甘く考えることなく、すぐに高血圧の治療に着手するのが望ましいのです。
昨今は、ノルバスクという優れた効能を持った治療薬が普及しています。
血管を広げ、血流を良くすることで血圧を下げる効果をもたらすものです。
高血圧に効く薬として高い評価が与えられています。
ノルバスクのいいところは、懸念されるような副作用はほとんどなく、安全性が高い点もあげられます。
いまでは、医師が高血圧治療のために最初に処方する薬としてノルバスクが使われることが一般的になってきているほどです。
また、ノルバスクは1日に1回飲むだけで効果が持続しますので、患者にとっても服用管理がしやすいのも、大きなメリットとなっています。
なお、食事療法も並行して行うことが重要です。
まずは、減塩の食事をすることが、血圧を下げるのに一番早く効くのです。
厚生労働省では、1日の食塩摂取量を、男性8.0g未満、女性7.0g未満としています。
日本高血圧学会では、1日6グラム未満という制限を設けています。
WHOでは5g未満を推奨していますので、日本の食生活での塩分摂取量がいかに多いかがよくわかります。
ほかにも、最近話題の高血圧治療法として、富永喜代氏が提案している血流アップ体操があります。
富永喜代氏は痛み改善ドクターとして広く知られていますが、著書の『1分間血流アップ体操』は、血流を良くして、高血圧や糖尿病など、いろいろな疾病や症状に効く方法が紹介されているとして、非常に好評です。
高血圧の治療のためにも、富永喜代氏の知見は大いに役立つと見られています。

サイト内検索
人気記事一覧