患者の血圧を測定する医者
  • ホーム
  • ノルバスク服用で血圧管理

ノルバスク服用で血圧管理

血圧を測定される人

現代人に、高血圧症状に冒されている人が多いのは、あらためて言うまでもありません。
日本国内で、4,000万人を超える高血圧症者がいると言われていますが、もはや、国民病の位置付けにあると言っても過言ではありません。
伝統的に、日本では塩分の多い食生活がなされてきました。
また、昨今は、何かとストレスが蓄積する環境にあります。
さらに、運動不足の人が増えたことによって、高血圧症が蔓延してきたのでしょう。
高血圧症は、痛さや痒みといった自覚症状が出てくることがないだけに、油断している人が多いのも事実です。
放置していると、心臓や腎臓に悪影響を及ぼし、心筋梗塞や脳卒中などといった、命にかかわる重大な事態を引き起こしかねません。
健康診断で高血圧と指摘されたら、速やかに医療機関で治療を受けることが望ましいです。
昨今は、ノルバスクという評価の高い治療薬があって、医師は、最優先で処方しています。
ノルバスクは、第三世代カルシウム拮抗薬と呼ばれています。
血管を広げることで、血流を良くする機能を果たします。
そして、血液の抵抗が減り、血圧が下がるのです。
高血圧症ばかりでなく、狭心症の治療に使用されて、効果をあげています。
ノルバスクの服用でもって血圧を適切に保つことで、大きなリスクのある脳卒中や心臓病、腎臓病の防止にもつながります。
著しい効果があり、また副作用もほぼなく、安全性が高いですので、臨床現場では広く使用されています。
また、血糖や尿酸、脂質などには影響を与えません。
そして、年代にかかわらず、広い層の人が服用できます。
ノルバスクはゆっくりと効き始め、そして、作用時間が長いという点も、メリットの一つです。
1日1回の服用で効果が持続しますので、服用管理が非常に簡単です。

サイト内検索
人気記事一覧
  • 血圧を測定される人
    ノルバスク服用で血圧管理 2019年07月03日 閲覧数:20
最近の投稿
    アーカイブ